FC2ブログ
デンタルオフィス天神北院長mimiブログ
  • 10«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »12
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
美の基準の違い。。。
avril-lavigne-recording-artists-and-groups-photo-u15.jpg

近々、歯(審美歯科)のお話をひとまえですることになり、ネットでいろいろネタを集めていたら、米国メディアでは日本の若い女性が「八重歯」にしたがる話を結構とりあげてました。

西洋では「八重歯」はオオカミなどの獣の犬歯やヴァンパイアを想起させるため嫌われることが多く、みんな矯正したりかぶせたりして八重歯を目立たなくするのがふつうなのに、日本では、あえて「つけ八重歯」までしたがるのはなぜ???とかなり不思議がられているようす。

わたしの患者さんで、過去に「八重歯にしてください」とお願いされたことはありませんが、いわゆる付け爪のような感じで八重歯を作ることは可能です。またはかぶせるにしても可能。

日本で八重歯が好まれるのは、その口元がこどもっぽいかんじでかわいくみえるから?というのが米国メディアの見解のようす。

こどもの歯がおとなの歯に生えかわる途中は、こどもの顎の大きさとおとなの歯の大きさがアンバランスで、たしかに歯ががたがたに見える時期があったりします。

個人的には個性でひとくくりしてしまえばどういう歯並びでもいいじゃない、と思うのですが、歯医者の立場からすると、隣の歯と重なって生える八重歯は清掃がしにくく、虫歯や将来的な歯周病の危険性を高めてしまうもの。

みなさんの美意識では八重歯はかわいいのでしょうか???


注☆画像はアヴリル・ラヴィーン。彼女の尖った犬歯は米国では悪名高い様子。わたしはかわいいと思います(笑)。

ご興味おありの方は原語でトライしてみてください。http://digitaljournal.com/article/342611
スポンサーサイト
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL

Copyright © 2018 Going Marie's Way. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。