FC2ブログ
デンタルオフィス天神北院長mimiブログ
  • 08«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »10
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
注射
image.jpg

昨日、近所の内科にインフルエンザの注射をしてもらいに、当院の衛生士さんと行ってきました。

そこの看護師さんが注射してくれたけど。。。。正直痛かった。。。。

昨年までは別のところで打っていたのだが、そこでの担当の先生は時間をかけてなるべく痛くないように打ってくださっていたのだが。

わたしも通常診療で日々たくさん麻酔を打ちます。
打たない日は多分ないくらい。歯科医師人生でいったい何本麻酔を打ったのだろう???!!!

という話は置いておきまして。

個人的に思うのは、痛くないように注射をするのは、基本的に「愛」だと(笑)。まあ、誤解を招くといけないのですが、もうちょっと良い言い方をすれば「気持ち」??

歯科の麻酔針はどんどん進歩して、細くて痛くないようになってきてます。でもまったく痛くなくできるわけではない。
麻酔を打つ場所、打つときの症状で痛さの程度は違います。痛みを感じる個人感覚も違う。
でも、それをなるべく軽くするノウハウはあります。
そのノウハウがあるのにそれをしないのは、そうしてあげようという気持ちがないから。。。。と思ってます。
時間がないから早くすまそう、とか、麻酔なんかきけばいいじゃない、とか、痛いのは一瞬だし、とか。
それか、そういう技術もしくは知識がないから。

わたしは自分が痛い思いをするのがすごくイヤなので、なるべく痛くないようにしよう、と日頃心がけてます。

昨日わたしにインフルエンザ注射をした看護師さん、「少し痛いですよ」と言ってからまず針を刺してきた。
うわ、ちょっと痛いわこれ、と思ったら、「ではぐ~っと痛くなりますよ。」と言って注射液を入れてきた。いやいや、まだ痛いわけ?と思ったらほんとに痛かった。
もう少し痛くない注射って、ムリだったのだろうか???とあとで考えたことでした。

ちなみにいっしょに注射に行った衛生士も、その痛さにびっくりしてました(笑)。

一年に一回くらいなら我慢するけれど、また来年も打つのかと思うとちょっと嫌です。

今冬もインフルエンザにかかりませんように!!

スポンサーサイト
美の基準の違い。。。
avril-lavigne-recording-artists-and-groups-photo-u15.jpg

近々、歯(審美歯科)のお話をひとまえですることになり、ネットでいろいろネタを集めていたら、米国メディアでは日本の若い女性が「八重歯」にしたがる話を結構とりあげてました。

西洋では「八重歯」はオオカミなどの獣の犬歯やヴァンパイアを想起させるため嫌われることが多く、みんな矯正したりかぶせたりして八重歯を目立たなくするのがふつうなのに、日本では、あえて「つけ八重歯」までしたがるのはなぜ???とかなり不思議がられているようす。

わたしの患者さんで、過去に「八重歯にしてください」とお願いされたことはありませんが、いわゆる付け爪のような感じで八重歯を作ることは可能です。またはかぶせるにしても可能。

日本で八重歯が好まれるのは、その口元がこどもっぽいかんじでかわいくみえるから?というのが米国メディアの見解のようす。

こどもの歯がおとなの歯に生えかわる途中は、こどもの顎の大きさとおとなの歯の大きさがアンバランスで、たしかに歯ががたがたに見える時期があったりします。

個人的には個性でひとくくりしてしまえばどういう歯並びでもいいじゃない、と思うのですが、歯医者の立場からすると、隣の歯と重なって生える八重歯は清掃がしにくく、虫歯や将来的な歯周病の危険性を高めてしまうもの。

みなさんの美意識では八重歯はかわいいのでしょうか???


注☆画像はアヴリル・ラヴィーン。彼女の尖った犬歯は米国では悪名高い様子。わたしはかわいいと思います(笑)。

ご興味おありの方は原語でトライしてみてください。http://digitaljournal.com/article/342611
プラセンタ???
お花

プラセンタを治療にとりいれていっています。

注射、サプリメント、ドリンクの3種類。

それぞれ利点欠点がありますからお尋ねください。


最近CMでもよくみるプラセンタ。
CMではいかに高濃度かをうたっていますが、濃度ばかりが問題ではない。プラセンタには、人、馬、豚、羊その他の動物由来のものと、他に植物由来のものがあります。
CMでおしている商品は安価な植物由来のものがほとんどでしょうが、効果のほどは(笑)。

わたしもプラセンタってなんとなく怪しい感じに思っていたんですが、セミナー出席していろいろ聞いてみると、実際に肝機能障害改善、更年期障害改善、創傷治癒促進効果、抗疲労作用等は間違いなくあるために認められている薬剤です。

抗炎症作用、創傷治癒促進作用があるため、炎症がはやくなおりやすい、傷がはやくなおりやすいという目的で歯科での応用可能です。

。。。プラスαで美容作用もついてくるらしく。


現在、料金表や説明パンフ作製中。お楽しみに!
Copyright © 2018 Going Marie's Way. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。